税・申告

会社員にとっての確定申告を解説

突然ですが、確定申告とは何でしょう?

確定申告の概要と会社員が確定申告をした方がいい場合について解説します。

確定申告をする意味

確定申告とは

確定申告は法律で決められているからする、というものではなく必要があるからするものです。それは大きく2つの場合に分けられます。

  • 申告するべき所得があるから
  • 申告をすることで還付を受けるため

会社員が申告をしないのは「特例」

実は日本の税法では、税は確定申告をして納付することになっています。

といっても、会社員の多くは確定申告をしませんので、それが当然のように思われるかもしれません。

しかしこれは「給与所得者(要は会社員)で適正に源泉徴収がされている場合には他の所得が20万円以下ならば確定申告をしないことができる」という特例によるものです。

会社員でも2箇所以上の給与がある、副業があるなどで源泉徴収だけで適正税額にもっていけない場合は確定申告が必要になります。

なお確定申告をしない代わりに、年末近くなると職場に書類を提出していますよね。年末調整です。

年間の生命保険料などは毎月の源泉徴収では考慮できません。そのため年末にこれらを調整をすることで適正な税額に文字通り調整しています。だから確定申告をしなくても問題ないのです。

還付を受けるための申告

確定申告がいらない会社員でも、確定申告をした方がいい場合があります。主に以下のとおり。

  • 特定口座で損益の通算、損失の繰越控除を行う場合
  • 医療費控除など、年末調整できない所得控除がある場合
  • 住宅ローン控除を受ける場合(初年のみ)
  • ふるさと納税を6箇所以上行った場合

このような場合、確定申告をすることで税負担を減らしたり、還付を受けたりすることができます。

ABOUT ME
まはーる
証券会社出身の税理士です。 税を絡めながら、証券投資について紹介していくページを作っていこうと思います。 保有資格:税理士・証券アナリスト よろしくお願いします。