証券投資のすすめ

外貨運用なら外貨MMFから始めよう

外貨運用なら外貨MMFから

外貨での運用には外貨預金、外国債券、外国株などがありますが、始めるならまずは外貨MMFからだと私は思います。

外貨MMFは外国債券で運用する投資信託であり、単位を気にせずに売買できます。受渡しも通常、翌営業日であることに加え、取引に手数料はかかりません(円貨から買うと為替手数料がかかります)。

証券会社では外貨をプールしておく商品という位置づけです。多くの証券会社では配当や利金が外貨で支払われた場合、自動的に外貨MMFを買い付ける設定もできます。

このように取引のしやすい外貨MMFですが、特に外貨預金と比べてのメリットをご紹介していきます。

普通預金よりも金利が高い

外貨MMFの金利は外貨普通預金よりも高いことが多いです。

データソース:

住信SBIネット銀行  https://www.netbk.co.jp/contents/kinri-gaikafutsu/

SBI証券  https://site0.sbisec.co.jp/marble/fund/fmmf/servicelist.do?

上の比較では外貨MMFの利回りは外貨普通預金よりも明らかに高く、外貨定期預金の利率に近いものとなっています。

さすがに1年もの定期預金のほうが利率は上ですが、重要なのは外貨MMFはいつでも出し入れができる上で、この利回りだということです。

利子と損失を通算できる

平成28年の税制改正により、外貨MMFの利子は外貨MMFや他の上場株式の譲渡損と通算ができるようになりました。一方で預金の利子は源泉徴収だけで課税関係が終わってしまい、他に損失があっても一切、通算ができません。

たとえば外貨預金で利子を受け取ると 20.315%の源泉徴収税が引かれます。課税関係はそれでおしまい。円に戻すときに為替で損が出ても、その損失は利子と通算できません。同じ年に雑所得があれば通算できますが、損失額を自分で集計した上で確定申告をする必要があります。

一方で外貨MMFの運用も、利子について20.315%の税率で源泉徴収されるところは同じです。ところが同じ年に外貨MMFや上場株式の譲渡損があれば損益を通算できます。さらに源泉徴収ありの特定口座ならその通算は年末に自動で行われ、多く取られすぎた税金は翌年初に還付されて口座に戻ってきます。

外貨MMFの方が為替で損をした場合でも考慮がされ、手間もかからないということですね。

外貨のまま他の運用商品を購入できる

これは外貨MMFというよりは証券会社での外貨保有のメリットですが、外貨MMFを売却しても通貨を変えずに、つまり米ドルなら米ドルのまま外国債券や外国株を買うことができます。実は結構なメリットです。

銀行で外貨預金を持った場合、運用の選択肢としては外貨定期預金か、せいぜい外貨建て保険でしょうか。外貨定期預金は高金利キャンペーンがあったりしますが大抵、円価から買わないと使えません。また保険は運用商品に適さない部分もありますね。

そしてここが重要なのですが、外貨から円や他の通貨に変える場合には必ず、為替手数料がかかります。住信SBIネット銀行は手数料が低く米ドルで4銭ですが、三菱UFJ銀行の窓口では1円です。つまり 円→米ドル→円 と移動させると、それだけで2%近くの手数料が取られてしまいます。

そのため外貨運用では、一度外貨を購入したらその通貨のまま投資を続けることが重要です。その点、銀行よりも証券会社の方が外国債券、外国株式など運用の選択肢が広がります。

なお外貨預金といっても上でご紹介した住信SBIネット銀行は例外です。住信SBIネット銀行で保有する外貨は、SBI証券に外貨のまま無手数料で移動することができます。為替手数料も住信SBIネット銀行の方が安い上に使い勝手も良く、外貨定期預金のキャンペーンも魅力的なため、管理人も

  1. 住信SBIネット銀行で外貨購入
  2. SBI証券に外貨のまま移動し、外貨MMFで運用
  3. 外貨MMFがたまってきたら外国債券を購入 

といった形で利用しています。

外貨MMFのリスク

外貨建てなので為替レートの影響を受けます。これは外貨MMFも外貨預金も同じです。

外貨MMFは理論上は、外貨ベースでの元本割れの可能性があります。・・・が、外貨MMFの元本割れなど聞いたことがありません。基本的に値段が上下するものではなく、金利で稼ぐ商品性です。

ただし、勝手に解散となったことはあります。ユーロ財政危機のときには低金利による運用難でユーロ建てMMFが相次いで運用停止、解散となりました。つまり勝手に売却されました。そのときは他にユーロでの運用先も乏しかったため円に戻すことになり困りました。また当時の税制では外貨MMFの譲渡益は非課税でしたが、今であれば譲渡益・譲渡損が発生することになります。

他には注意事項として、外貨MMFは利金が毎月出て再投資されるなど取引の頻度が高くなりがちです。そのため保有する際は必ず、特定口座にしておきましょう。源泉徴収あり口座ならさらに便利です。一般口座(特定口座でない)の外貨MMFの価格計算は、税理士でもやりたくない作業となります。

外貨MMF運用まとめ

以上、外貨MMFの運用について

  • 定期預金のように資金を固定されない割に利回りが高い
  • 利子と外貨MMF・上場株式の損失を通算できる
  • 外貨のまま多彩な運用商品に切り替えられる

という3つのメリットをご紹介しました。

すでに運用をしている人にとっても、外貨資金のプール先として活用できる外貨MMF。 外貨での運用が初めてであれば次のステップとして他の商品にも移りやすいですし、ここから始めてはいかがでしょうか。

※投資はご自身の判断でお願いします。損失が生じた場合でも当方は責任を負いかねます。

ABOUT ME
まはーる
証券会社出身の税理士です。 税を絡めながら、証券投資について紹介していくページを作っていこうと思います。 保有資格:税理士・証券アナリスト よろしくお願いします。